目の下のたるみとまぶたのたる

MENU
目の下のたるみは、それだけで目が小さく見えてしまったり、実年齢よりも5歳10歳老けて見えてしまうのが、怖いところです。

また、まぶたのたるみは、高齢者に見えてしまうなんてことも!
視野が狭くなることで、体の違う部分にも支障が生じてしまうこともあるため、まぶたのたるみも「年のせい」などとあきらめないでください。

けれど、目の下のたるみやまぶたのたるみは美容整形で切って引っ張るしかないのでは、などと考え、あきらめて放置したりしていませんか?

実は、目の下やまぶたのたるみの改善には整形などの手術を受ける以外にもメイクや化粧品などで改善することは可能なのです。
アイメイクの仕方次第でも、まぶたが引き締まって見えたりするため、メイク方法を学ぶのもよいのですが、まずは原因を知り、これ以上その状態が悪化しないようにするにはどうしたらいいか、知ることから始めてみてください。

たるみ取りをして、美しい印象的な目元を目指してみましょう!

目の下のたるみの原因は?

中高年の女性を悩ませる目の下のたるみは、どのような原因が考えられるのでしょうか?

目の下のたるみの原因は一つではありません。
お肌の中でコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどお肌の底力を上げてくれる物質が加齢により減ってしまってたるんでしまう以外にも、目のすぐ下のお肌が膨らんでしまい、そのふくらみが垂れてしまうことも。
自分ではコントロールが難しい瞬きの回数、さらには化粧品のせいでたるんでしまうことも考えられます。

目の下のたるみの原因として多く挙げられる加齢は、目の周りの筋肉量が減ってしまい、皮膚が下がってたるみになってしまい、さらに目の周りはお肌が薄いため目立ってしまうのです。
加齢によって生じたたるみは、お肌がハリを失ってしまったために引き起こされることが多いのです。
さらに、眼窩脂肪が、加齢のせいでふくらんでしまい、たるんでしまった場合は、目の下がたるむだけではなく、黒っぽいくまになってしまうため、目元にコンプレックスを感じてしまう方も多いのです。

デスクワークで無表情に長時間、パソコンの画面を見ている方は、目の筋肉に影響するため、意識して瞬きをするようにしましょう!

目の下のたるみを解消するには?

目元の腫れを改善するためには、整形で手術をして改善する以外に、化粧品を使ってメイクをうまく使ってカモフラージュする方法もあります。
一筋縄ではいかないたるみ取りは、マッサージやエクササイズも有効といわれています。
※詳しいやり方はコチラ

加齢でいろいろな部分がたるんでしまうのは仕方のないことでもありますが、まずは手術などに行く前に、化粧品を使って血行を促進したるみに働きかけてみたり、気軽にできるセルフケアを学んで試してみましょう。
すぐに効果はなくても、継続は力なりとも言われますからね!

さらに、目元専用のクリームや美容液を塗布してこまめにケアすることも、大切です。
目元の皮膚はデリケートなので、クリームや美容液を塗布するときは優しく乗せるようにし、こすらず、力を入れて押さないように気を付けてくださいね。


まぶたのたるみの原因は?

「え?まぶたが腫れるのではなく、まぶたが垂れるの?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、まぶたも垂れます。

まぶたのたるみが酷くなってしまうと、老けて見えるだけではなく、視野に支障が出て眉間にしわができてしまったり、眼精疲労が悪化、また肩こりになってしまうなど、他の部分にも支障が出てしまうため、放置せずに改善すべくアプローチしていきたいものですよね。

まぶたは加齢でたるんでしまうことが多く、お肌の張りが失われることで、まぶたも同じようにハリがなくなりたるんでくるわけですね。
目の周りの筋肉が弱くなってしまうと、さらにたるみが加速してしまうという怖い点も!
もちろん、パソコンなどの画面を見続けているデスクワークがメインの方も、顔の表情筋を使わないためまぶたのたるみ、目の下のたるみのリスクも高くなります。

まぶたのたるみを改善するには?

まぶたのたるみの主な原因は、年齢のせいということがわかっていますが、目のたるみの状態をマシにすること、予防することは可能です。

目が疲れたと思ったら、マッサージなどをして解消したり、目の周りの皮膚をこすったり、アイメイクをオフするときにごしごしと強くこすらないなど、ちょっとした心がけで予防することができるのです。
エクササイズで顔の筋肉に働きかけるのも有効です!

まぶたのたるみ、目の下のたるみが解消すると、目元がすっきりし目が一回り大きく見える、また年齢より若く見られる、など美容面でのメリット以外に、まぶたのたるみのせいで狭まった視界が広がるなど、健康面でのメリットもあります。

まぶたのたるみは、美容整形しか手段がないと思われている方は、まずはセルフケアからスタートしてみましょう。


目の下のたるみとまぶたのたるみを解消すると目が大きく見える記事一覧

 

顔のたるみは、年齢以上に老けて見えてしまうだけではなく、なんとなくだらしない雰囲気まで作り出してしまうものです。避けたい顔のたるみですが、加齢とともにだんだんたるんできてしまうのもまた、悲しい事実です。ある日突然、たるみが気になりだしてしまった…、なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。目の下、あごや顎のライン、口元などにたるみが目につくことも!!残念ながら個人差はあるものの、なんの対策も行わなけ...